HOME>コラム>腹筋マシンで鍛えよう【筋トレは続けることが大事!】

腹筋マシンで鍛えよう【筋トレは続けることが大事!】

腹筋

干渉波EMSとは

お腹の腹筋を鍛えてウエスト周りのシェイプアップにも役立つとして、腹筋マシンが話題です。従来のような大掛かりな器具ではなく、コンパクトに設計されているためダイエットアイテムとしても扱いやすい部類に入ります。この腹筋マシンの効果が高い理由は、医療の現場でも使われている干渉波EMSという技術を採用しているからです。EMSとは電気によって筋肉を刺激する技術のことで、初めはアスリートのトレーニング用に導入され、その効果の高さから現在は医療だけでなく美容やリハビリなどにも使われています。干渉波EMSを使った腹筋マシンは、腹部の深層部を刺激して、インナーマッスルを効率よく鍛えることができます。これがお腹を6つに割り、見事なまでの筋肉美を実現する秘密です。

腹筋運動

腹筋マシンのメリットデメリット

上半身を起こすという、昔からある筋トレでも腹部を鍛えることは可能です。しかし腹筋マシンを使えばさらに多くのメリットが期待できます。腹筋のみを効率よく鍛えられるというのがメリットの一つです。筋トレでは適切な練習方法を実践しない限り、ピンポイントで鍛えるのが難しくなります。結果として効率が悪くなり、結果が出るまで時間がかかってしまいます。腹筋マシンなら腹筋のみに刺激を与えることで、希望の部位のみを短時間で鍛えることが可能です。付けておくだけという気軽さも、筋トレの辛さを知っている人には魅力的に感じるはずです。一方で電気を使った擬似的な刺激でしかないという点はデメリットと言えるかもしれません。見た目はしっかりとした筋肉がつくものの、それを使って運動のパフォーマンスを上げるには、他のトレーニングも必要になります。